2018年4月21日土曜日

Clear Cell

4月21日 アクリル
「Future mobility; Clear Cell」
スタッフは鶴岡に行って売り子してます。作者は地元でひきこもり状態で絵を描いておりました。


近未来の絵というと、どうしても
シドミードのデザインバリエーションの範囲で語れちゃう所はあると思います。80年代以降はそれ以前にクリーンに描かれがちだった未来絵画が古くなっていくし、ミードのような合理性のある幾何学的なデザインに、ややファンタジーを加味したビジュアルが、ブレラン以降の映画やアニメの哲学と丁度合致したのだと思います。
アキラや攻殻機動隊なんかはいい例でしょう。



鉄やカーボンといったソリッドな素材で作られた車なんかは、デジタルツールのおかげでデザインバリエーション自体は作りやすくなったものの、ややもすると画一的な印象を与えます。
自分は実践的なプロダクトデザイナーではないため、デザイナーを触発させるイメージイラストを描くことしかできませんが、鉄の塊が駆動するようなものではなく、透明で優しく包み込むような、泡とも単細胞生物とも取れない、自由に三次元空間を行き来する、柔らかい素材で出来たモビリティをイメージしました。

この透明なモビリティが主役なので、建築のデザインはやや控えめですが、
自分がいま漠然と思っているのは、植物やキノコのような有機的なイメージに近いです。
こういうのはレトロフューチャーにニュアンスは近いかもしれません。
でも、見るからに無駄はないなってデザインが倦怠期であるなか、現在で定着した近未来イメージを延長上として踏まえた上で、ガウディのようにおもいっきしアートデカダンスを冒険してみれば、
突き進んだ先には何かが見えてくる予感がします。


------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
追記;未来絵についての考察

細田守がMiraiを発表し、自身の映画を「自分の未来」と言ってるみたいに、
カルチャーにおいては、「未来」の線引きというものはどんどんフリーにはなりつつあると思います。
実際性は薄いかもしれませんが、少なくとも今、自分たちが「近未来と思い込んでいるイメージ」は変わっていくかもしれませんね。
増田セバスチャンのような「カワイイ」が大地を埋め尽くすような未来も個性があっていいかもしれない(あれは完全に趣味の世界だと思う人もいるでしょうが。笑)
実際的ではなくても、自分なりの視点を持って、現実世界に何らかの石を投じて触発させる事は十分可能だと思っています。ちょっと上の絵とは飛躍した話ですが。

2018年4月17日火曜日

猫子の習作

4月17日 アクリル 
「猫子の習作」
基本的に最小限の手数で済むような作品は意識して作らないことにしているけど、
大胆な切り口というものはどの時点でもあり得るという記録として習作やってました。
ミニマル寄りの作品(自称)。

2018年4月16日月曜日

4月16日

4月15日 アクリル 
「庭にいるシニア犬」
4月もなかばだってのに朝は冷えること冷えること。鼻水とまんない。今日から暑くなるか。

今くらいの気温がちょうどいいっすよねえ。
暑くならんば、米もモモも育たんにいんだが。わしは果物苦手だが。


お向かいのおじさんが新聞を庭で読み、庭のぶち猫を抱えて家に入っていくのを見ると、なんとも和やかな雰囲気だ。

2018年4月11日水曜日

ついでにいっちょう

4月11日 アクリル 「ひょっこり」
ひょっこりひょうたんじま

建築学的理希―アジアのたてもの

4月11日 アクリル・紙 1455×1120mm 
「建築学的理希―アジアのたてもの」
6日間の格闘で完成しました。F80です。
水彩紙に書いてるので、額装は必須です。
キャンバスならそのまま掛ける事もできますが、
紙じゃねえ・・・、やっぱしその辺は高上りになるのかな。


理希よ、うんこ踏んづけてその辺歩いたな。
トイレのそばに潰れたうんこがあったぞ。
クソ踏んじゃった~、クソ踏んじゃった~♩、だぞ。
ちゃんとお手手はグルーミングしとけよ。

2018年4月5日木曜日

FACE

4月4日 アクリル・F50 「FACE」
トキシックでややおどろおどろしげな顔。
いつもとは作風が違います。個展の時は一つくらいあれば冴えると思います。


大作制作の傍らは専ら、ショスタコーヴィチ全集を大人買いしたものを流しながらやる毎日。
ショスタコーヴィチ11番の第二楽章、血の日曜日事件を描いた事で有名なこの曲も、指揮者で大分印象が変ってしまう。ビシュコフが指揮するベルリンフィル等のはテンポが速すぎてノレない・・・、小太鼓など巧い事はうまいのですが軽やかすぎ。最初にCDとして買ったルドルフ・バルシャイの演奏に慣れてるのもあるしなあ。銅鑼も上手いし。他だと本場コンドラシンの演奏の方が安定した重厚感があると思う。そんなに速めじゃない方が好みです。

バルシャイのは4番、8番、11番がカッコいい反面、「第四章-革命」がある事で知られる5番はもうちょっと切れが欲しいかなあ・・・、(木管楽器類?)ここだと、ティンパニもヘッドがトムトムした音なのが個人的には気になる。

2018年4月4日水曜日

ゆめうつつ

4月3日 ペン・水彩 
「闇夜をさまようビジネスマン」
このところ眠ってるのか起きてるのか分からない、
夢か現実かもあいまいな精神状態が続く。
眠い。春眠暁を覚えずなんかいうが、
ぜってーこの花粉症のせいだ。

昨日は定期点滴がありましたが、
色々な意味で自分は生かさせてもらっているのだなあと実感した日でした。

2018年3月31日土曜日

宝石になった理希

3月31日 水彩・F50 「宝石になった理希」


苦節一週間余で完成しました。
宝石になった理希。
今日も一作の足跡を残していきます。

免疫が弱く、本来外は危ないので外出はできない理希ちゃん。でもあるときは宝石になって、
白い羽で真っ青なお空を自由に飛び回ります。

2018年3月28日水曜日

KOBOZ DENDOOO

3月28日 墨・水彩 「こぼうず殿堂」
つけぺんで一発描きするのがたまってくると、
個展の時はそれだけで埋め尽くされるスペースが出来そう。そういうのがあってもいいと思います。

一発描きのペン画といえば、フランスの漫画界の巨星・ジャン・ジローが思い出されます。
自分が美大で師事して今もなおお世話になっている先生に紹介された本、
砂漠の40日間、という題名の漫画だったと思いますが、絵だけで物語が紡がれていく感じのペン画です。絵しりとりともいいましょうか、かつて、自分がその先生の下研鑽を積んだ時も、それに似た絵しりとりを続けた事があります。震災直後の話なので、もう6年以上前の話ですが、自分の鳥獣戯画の原点はそこにあります。
ペン画でやるのならば、下積みのままなおざりにしないで、またそうした絵本のようなペン画を本格的に構築させたい。これからは大作の時期なので、傍らに体をひねって頑張ります。

2018年3月27日火曜日

花粉症

3月27日 墨・水彩 「花粉症」


水彩大作ははしっこからちみちみ描いてるので、
一日単位で生み出せるのは当面ドローイングとなります。

この二日間、花粉症がひどすぎるので、
アレロックという薬を処方してもらったから、
さくばん服用したら、眠気に関しては効果てきめんで、今日一日、朝と昼は一時起きたものの、結果夕方まで横になって寝ている有様だった。昨日は早めに寝て朝早く起きて大作制作を捗らせる予定が狂った。なんたることだ。

一日泥ぬかみそになって寝ていたせいで、βアミロイドべったり脳に沁みついてて寝ぼけてるせいか、両親が風呂に入る前にお湯の栓を抜いていたらしい。この年で若年性認知症か・・・

2018年3月26日月曜日

かゆい うま

3月26日 墨・水彩 
「神格化された理希」

花粉がひどすぎて昨日の夜から目ん玉バースト状態だわ。しょぼしょぼしすぎてかなわん。
デーモン族のような血眼になっとる。

鼻水も今朝から本格的にひどくなってきたみたいだ。屋内ですらマスクが外せんとは、
辛辣な時代になったものだ。理希なんとかしてくれ。


Clear Cell

4月21日 アクリル 「Future mobility; Clear Cell」 スタッフは鶴岡に行って売り子してます。作者は地元でひきこもり状態で絵を描いておりました。 近未来の絵というと、どうしても シドミードのデザインバリエーションの範囲で語れちゃう所はあ...